2010年06月30日

消費者指数低下と世界経済懸念で

ニューヨーク(CNNMoney) 29日のニューヨーク株式市場は、米消費者信頼度指数の低下とアダルト世界経済の先行き不安感を受けて急落し、ダウ工業株平均は前日終値比268.22ドル安の9870.30ドルで取引を終えた。

ダウ平均では30社が軒並み下落し、下げ幅は一時326ポイントに達した。S&P500種指数の終値は前日比33ポイント安と、8カ月ぶりの安値を記録。ハイテク株中心のナスダック総合指数の終値も前日比85ポイント安となった。

ギリシャのゼネスト、日本の需要や家計支出の低迷、中国による景気先行指数の下方修正といった懸念材料に加え、同日アダルト発表された消費者信頼感指数が市場予想を下回ったことで売りが加速した。

一方、ニューヨーク債券市場ではリスク回避のために米国債が買われ、長期金利の指標となる10年物国債の利回りは1年2カ月ぶりに3%を下回った。
posted by ladyga at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

出会い系 出会い 出会い系サイト アダルトサイト アダルト